男女

免疫力を高めるには腸内環境を改善することが大事

腸から作られる免疫パワー

両手を広げる人

腸は免疫細胞の育成機関

しょっちゅう風邪をひいたり体調を崩したりしている人は、体が弱いとよく言われます。そういう人の何割かは単なる体質の問題ではなく、免疫力が低下している可能性があります。免疫力は細菌やウイルスから体を守る大切な力です。その力が落ちてしまうとどうしても病気に罹りやすくなるのです。そんな人でも工夫次第では免疫力を高めることができます。免疫力の担い手となっているのは、NK細胞やマクロファージ・T細胞といった種類の免疫細胞です。それらの免疫細胞が血流に乗って体内を巡回し、細菌やウイルスが侵入すると直ちに攻撃してくれます。免疫細胞はそうした外敵だけでなく、遺伝子のコピーエラーで発生したがん細胞も片っ端から潰しています。免疫力が低下するとこの働きが弱くなってしまうため、感染症に罹ったりがんを発症したりするのです。細菌・ウイルスやがん細胞と戦うための兵士となる免疫細胞は、およそ7割が腸で誕生していると言われます。そのため免疫力を高めるための鍵も、腸内環境をいかに整えるかという点と無関係ではありません。免疫細胞の育成機関とも言える腸の中で、育成係を務めているのが乳酸菌だということもわかってきました。

乳酸菌サプリメントの人気

実際に免疫力が低下して体調を崩しやすくなっている人の腸内では、乳酸菌の数も減少しています。逆に乳酸菌の数が増えると腸の免疫細胞も活性化されるため、体全体の免疫力を高める効果が生まれるのです。腸の中で乳酸菌に鍛えられた多数の免疫細胞たちは、やがて全身で活躍するようになります。免疫力を高めるためには乳酸菌の数を補うのが効果的な方法です乳酸菌を多く含む食品と言えば、誰でもヨーグルトや乳酸菌飲料を思い浮かべます。日本伝統の漬物も乳酸菌をたっぷり含んでいます。普通に考えればそれらの食品を十分摂取することで乳酸菌を補充できそうなものですが、ここに胃酸という難関が待ち構えています。乳酸菌にとっては、胃という関門を突破して腸まで無事にたどり着けるかどうかが問題なのです。その点を考えれば、乳酸菌を配合したサプリメントが人気を呼んでいる理由も合点できます。サプリメントに多く利用されているのは、LG21など胃酸に強い乳酸菌です。フェカリス菌は死滅しても免疫細胞を活性化させる効果が持続するため、サプリメントに多く採用されています。こうした乳酸菌サプリメントを継続摂取すれば、免疫力を高めることにつながるのです。

栄養価が非常に高いです

ハチミツ

プロポリス原液とはミツバチが巣を作る時に体内から分泌する成分のことで、強力な殺菌作用を持っているため健康食品として注目を集めています。また、このプロポリス原液を飲む時にはそのまま飲むよりもカプセル状になった健康食品を活用した方が無理なく簡単に摂取することができるでしょう。

Read

塩分と血圧の深い関わり

3種類のサプリ

高血圧の人には、カリウム配合のサプリが良い。摂取すると血圧の上昇を抑え、健康的な体になれるという。むくみ改善効果もあり、体の中に溜まっていた不要な水分も排出される。シャープでスッキリとした体になれるという。

Read

すっぽんのちから

栄養剤

多くのアミノ酸やコラーゲンなどを含んだすっぽんもろみは、ダイエットや健康維持や美容目的で使用されています。摂取するタイミングで効果の表れ方が変化するため、目的ごとに摂取する方法を変えることが出来ます。バランスの良い食事や適度な運動とあわせて継続して摂取すると効果が期待できます。

Read